【男性育休】取得したほうがいい?【メリット/デメリットで解説】

Photo by Derek Thomson on Unsplash

ある父
実際のところ、男性育休って取得したほうがいいの?
メリットとデメリットを知りたい!

この記事はそんな方におすすめです。

この記事の内容

  • 男性育休を取り巻く世間の状況
  • 男性育休のメリット
  • 男性育休のデメリット

この記事の信頼性

  • 現役子育て世代の2児の父であり
  • 2020年8月~育児休暇を取得した
  • きんげんが執筆しています。

こんにちは。きんげん@kingen1221です。現在2児の父で、毎日妻に叱られながらなんとか育児をまわしている萎れたアラサーです。

いま何かと話題になっている「男性育休」ですが、上のような疑問をもっている方は多いのではないでしょうか?

ある父
実際のところはどうなのだろう…?

そう思っている方は多いですよね。

ある父
実は取得しようか迷っていたんだよな…

というそこのあなた。

結論は「とれるならとったほうがいい!」です。

本当にダメな父親だった僕が育児休暇で、すこしはましな父親になったかなと思います。(ほんのすこしだけ)
そこで今回は男性育休経験者の僕が「男性育休のメリット/デメリット」をまとめてみました。

この記事を読んだら「男性育休のリアル」が見えてきます。
みなさんの今後の方針の参考になればうれしいです。

男性育児休暇制度を取り巻く状況

まずは、このニュースをご覧ください。

男性の育児休暇取得率が7.48%にとどまったというニュースです。

ある父
これって高いの?低いの?

そう思いますよね。

では下のグラフをご覧ください。

出典:https://data.wingarc.com/childcare-leave-in-japan-20374

きんげん
圧倒的に日本のパパは育児休暇取得率が低いね。
ある父
制度が整っていないんじゃないの?
そう思うかもしれませんが、実態は…真反対でした。

出典:https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00500/

 

なんと「父親が取得可能な育児休暇期間」では圧倒的の第1位!
出典:https://data.wingarc.com/childcare-leave-in-japan-20374

そして給付金の待遇も世界1位です!つまり制度としては「世界最高の男性育児休暇制度」なのです。なのに、取得率は絶望的に低い…

きんげん
これが今の日本の現状なんだね…

ざっと「男性育休」を取り巻く状況がわかったところで、次は男性育休(2020年8月~)取得済の僕がそのメリットとデメリットをまとめつつお伝えしていきます。

メリット

まずは「男性育休」のメリットをまとめました。
全て体験談です。

妻の負担をへらせる

まずは「妻の負担をへらせる」です。

これは本当に大きいです。出産後の女性は大けがを負っているようなものです。そしてそこに授乳などの赤ちゃんのお世話が切れ目なくやってくるので、体力的&精神的にもすりへります。そんなときパパがつきっきりでフォローしてあげられるメリットは果てしなく大きいです。
正直、私も「出産後の女性の体は大変だ」ということを知識としては知っていましたが、心の底から実感はしていませんでした。それを心底実感したのは妻が産後2週間経過後のある日のことでした。
何気なく妻が
よいしょ

 

と立ち上がったとき、お股から大量の血液が流れてでてきたのです…!あれほど大量の血を見たのは、正直人生で初めてでした。すぐに病院に連絡しましたが、幸い状態は悪くなく大丈夫でした。しかし、目の前で大量の血液をみたことで、はじめて

きんげん
産後の体って本当に大変なんだ…
と理解しました。
いろいろなサイトで「産後の女性の状態」について言及されているので、ぜひみてみてください。
いくつかはっておきますね。

家事&育児に対する意識がかわる

家事&育児に対する意識がめっちゃかわります。以前の私の場合は、仕事から帰ってきて、ちょっと子どもとたわむれただけで
きんげん
俺ってイクメンかもな。ふふっ…すごいぜ。

なんて以前は考えていました。

いま考えれば笑止千万ですよね。1日中家にいて、家事育児をすることではじめてその辛さが身にしみました。過去の甘ちゃんの自分を叱りたいです。ここから完全に意識がかわったと思います。やっぱり人間は体験してみてはじめていろいろなことがわかりますね。

家事&育児スキルがめっちゃあがる

意識があがると自然と行動量がふえるのでスキルがあがっていきます。
ある父
普段からやってスキルを上げればいいじゃないか。
そう思う方もしるかもしれませんが、
普段ちょっとやるだけでは家事育児スキルはあがらない
これが僕が体験から得た結論です。仕事がおわったあとちょっと家事育児するだけでは「時間の絶対量」が少ないんです。仕事でもそうですよね。
まったくの初心者が何かのスキルをあげようと思えば、ある程度の時間が必要なのです。そういう意味で「男性育休」は家事育児スキルをあげる絶好の機会です。

以下は僕のtweetです。

男性育休と新入社員研修って本質的には似ていると思うんです。スキルも意識も未熟な人が一定期間ハードなトレーニングで土台を固める。これがなくスタートした父親業は現代においては前途多難です。

自分の人生を見つめなおす時間になる

現在(2020年8月)育児休暇中の僕にとってこのメリットはめちゃくちゃ大きかったです。
普段仕事にどっぷりつかっていたので、自分の人生を一歩さがって見つめなおす余裕なんてありませんでした。
きんげん
このままこの仕事を続けていっていいのだろうか?将来のお金って大丈夫?
とかの「緊急じゃないけど重要なこと」を考える時間ができたのはかなり大きかったです。
育休中に新たな取り組みを始めてみることもいいかもしれません。
僕の場合は
  • ブログ(以前に開設してそのまま放置でした)
  • つみたてNISA(記事①)
  • 節約(記事②)

といったことを始めました。将来の自分を真剣に考えるきっかけとなり、とても充実していました。

とはいえ、この期間の本業は「育児」です。この優先順位はぶらさない方がいいです。

子どもの成長を目の当たりにできる


Photo by Filip Mroz on Unsplash

我が子の成長を近くで目の当たりにできることは本当に喜びでした。

最初は岩ノリみたいな真っ黒なうんちでしたが、それが徐々に黄色くなっていく様子がわかったり。最初は骨と皮だけの弱々しい感じだったのが、生後1カ月ごろを境にぷくっとした肉づきになってきたり。

生後すぐから見ていないとわからない変化を目に焼き付けられたのは本当に嬉しいことでした。仕事をしていたら絶対にここまで詳細に見ることはできなかったです。

デメリット

ここからはデメリットです。

ここが気になっている方は多いですよね。

収入が減る(すこし)

育児休暇中は会社からは給与は出ません。雇用保険から「育児休業給付金」が出ます。どのくらいもらえるのでしょうか?

支払われる育児休業給付金の金額は、支給対象期間(1か月)当たり、原則として休業開始時賃金日額×支給日数の67%(育児休業の開始から180日経過後は50%)相当額である。
出典:Wikipedia「育児休業」
育休開始半年間は給与の67%がもらえます。
ある父
す、すくない…

と思ったかもしれませんが、育児休業中は社会保険料等が免除になるので、「実質80%」となります。これだと節約すればやっていけますよね。

給付金計算等にはこのツールが本当に便利でした。
参考 育児休業給付金シミュレーター!育休手当や期間の自動計算ツールYASUMO

給付金をふやす議論もあります。今後に期待ですね。

パタハラ


Photo by James Sutton on Unsplash

「パタハラ」は社会問題となっていますね。

パタハラってなに?

ある母

「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとして退職を促すなどの嫌がらせをすることを指すマタハラ(マタニティー・ハラスメント)に対して、パタハラは男性社員が育児休業をとったり、育児支援目的の短時間勤務やフレックス勤務を活用したりすることへの妨害、ハラスメント行為を指します。
出典:コトバンク「パタハラ」

要は「育児に時間を割こうとする男性に対しての嫌がらせ」です。育休あけの男性に対し「即転勤」や「他部署への異動」を悪意を伴って命じる事例などが話題になりましたね。

ある父
パタハラにあったらどうしよう…

そういう心配もあるかもしれませんが、大丈夫です。そういう対応をされたら労基署などしかるべき組織に相談すればよいのです。最終手段としては「訴訟」という手もあります。そしてそもそもそういう対応をする企業に努め続けるのかどうかは考えた方がいいと思います。

あと「上司へどう伝えるか」ということも気になりますよね。
以下の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

まとめ

メリット

  • 母親の負担を減らせる
  • 家事&育児に対する意識がかわる
  • 家事&育児スキルがめっちゃあがる
  • 自分の人生を見つめなおす時間になる
  • 子どもの成長を目の当たりにできる

デメリット

  • 収入が減る(すこし)
  • パタハラ

個人的にはメリット>デメリットだと思っています。

ただ、勘違いしないでいただきたいのは「全員絶対とったほうがいい!」というわけではないということです。人にはいろいろな事情があります。

「パパは取りたいがママが乗り気ではないから取らない」
「パパもママも乗り気ではないから取らない」

こういう場合ももちろんあると思います。
大切なのは「夫婦でよく話し合う」ということです。
全ての家族がより良い選択ができるように心から願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です